本文へ移動

ロフティ株式会社からのお知らせ

新型コロナウイルス除菌・消毒対応致します
2021-08-17
注目重要
徹底した除菌・消毒でより安全な空間を作り出します
弊社は医療関連サービスマーク/建築物ねずみ昆虫等防除業の認定を受けており、
適切な指導・教育の下、消毒作業を行っております。

該当施設・設備の状況及びコロナウイルス罹患者の施設内での動線を踏まえ、適切な施工方法・消毒剤(過酸化水素殺菌剤・エタノール製剤・次亜塩素酸ナトリウム・EPA(米国環境保護局)登録クリーナーなど)を選定し御見積・コロナウイルス消毒を致します。

1.対象施設:施設内において「新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)」に感染者が確認された様々な施設
2.目的  :感染者が発生した場合の除菌消毒
3.施工対象:新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)の消毒
4.施工範囲:感染者及び濃厚接触者の活動範囲

作業仕様
①アルコール消毒
(薬剤:FRアルコール77vol%(エタノール70%、イソプロピルアルコール3.2%、第4級アンモニウム塩0.1%、グリセリン、精製水)
部  位
ドアノブ、窓の取っ手、照明スイッチ、エアコンスイッチ、電話・FAX機、棚、ロッカー、パーテーション、ソファー、PCのキーボード、マウス、机、袖机、テーブル、イス、壁、EVの呼出ボタン、停止階ボタン、エスカレーターの手すり、各手すり部分、ハンドル、セキュリティ対応のオートロックボタン等々、床面(カーペット、木床、Pタイル、長尺シートほか)等
方  法
清拭、散布、吹き付け
注  意
アルコール剤は、揮発性が高く引火の可能性ある為、使用する際には十分な配慮をする。

②次亜塩素酸消毒(薬剤:次亜塩素酸ナトリウム0.1%液(6%原液×60倍希釈)
部  位
床面、浴槽内外、浴室の壁、洗面台、蛇口、キッチン、便器内外、水洗レバー、便座等、汚物入れ等、水回り(排水溝)及び下回りを可能な範囲
方  法
清拭、散布、吹き付け
注  意
塩素剤は、漂白作用による変色、金属部分の腐食などの影響が出るため、使用する箇所に注意する。また吸入や被爆すると強い影響を受けるため、作業者及び作業中は注意して行う

③過酸化水素殺菌剤消毒(薬剤:過酸化水素殺菌剤)
部  位
空間
方  法
過酸化水素殺菌剤による空間処理(※人がいないことが前提)
注  意
安全性が高く、広範囲に使用できる(仕様に関しては依頼内容に応じて判断とする)

④EPA(米国環境保護局)登録ディスインフェクタントクリーナー(第4級アンモニウム塩を含む洗剤)
部  位
アルコール・次亜塩素酸等を使用し変色・劣化等が考えられる部位
方  法
清拭
注  意
安全性が高く、あらゆる部位に使用できる

消毒までの流れ
1.現地調査
2.作業計画
3.お見積り
4.契約締結
5.スケジューリング
6.作業実施
7.消毒証明書発行
 
※只今、作業依頼が殺到しているため感染者の出ていない事業所・ご家庭の事前見積に関しては、お時間を頂いております。
 また、施工に関しても即時対応できる場合と数日お待ち頂く場合がございますのでご了承ください。
 
新型コロナウイルス対策についても、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは電話またはメールにて賜ります。
TOPへ戻る